ALTER TABLE > ALTER TABLE <プロパティ> > ALTER TABLE <キャッシュ>

ALTER TABLE <キャッシュ> の設定変更

ALTER TABLE <alter_table_properties> <cache | nocache>

ALTER TABLE 〜 CACHE

表のキャッシュを ON にする。
キャッシュを ON にすることでテーブルのレコードがフルスキャン(全表スキャン)されると、そのデータをバッファ・キャッシュ上に保持されるようなり、テーブルのアクセスが高速になる。(※)

my_table の CACHE を ON に変更する。

ALTER TABLE my_table CACHE

(※) このキャッシュは LRU リスト(Least Recently Used List: 最近最も使われなかったものリスト) と呼ばれるもので管理されている。
CACHE が ON にされたテーブルのレコードは LRU リスト上の MRU (Most Recently Used) 側にデータが置かれるようになる。 LRU リスト上の LRU 側をコールド・バッファ。MRU 側をホット・バッファと呼ぶ。
この設定が高速化のチューニングとして有効なのは、テーブルが 小規模表 の場合である。

ALTER TABLE 〜 NOCACHE

表のキャッシュを OFF にする。

my_table の CACHE を OFF に変更する。

ALTER TABLE my_table NOCACHE


関連事項

ALTER TABLE <キャッシュ>の関連トピックス

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ オラクルサポートセンター