ハード解析とソフト解析

ハード解析

ハード解析は、その名の通り 「きびしい」 解析である。

データベースを起動したのち 初めて SQL を実行するような場合

ハード解析は、解析に関連するすべての操作を1から組み上げていくため、一時的にシステムリソースを集中的に消費する。

大量に消費するリソース(ソフト解析との比較において)

  • CPU
  • ライブラリ・キャッシュ・ラッチ取得
  • 共有プール・ラッチ取得

ソフト解析

ソフト解析は共有プールに一致するものがある場合に実行される解析である。別のユーザー(セッション)が過去に実行した SQL も 共有プールのライブラリキャッシュという領域に格納されるためユーザー間で SQL カーソルの情報を利用することが可能となっている。

キャッシュの探索

キャッシュの探索はアプリケーションのテキスト(SQL の場合は SQL 文全体)をハッシュ値に変換したものをキーにして管理される。 つまり、同じ内容の問い合わせであったとしても 「select 〜」 、「Select 〜」、「SELECT 〜」はすべて異なるハッシュ値となる。



関連パフォーマンスビュー

  • V$SGASTAT
  • V$LIBRARYCACHE
  • V$LIBRARY_CACHE_MEMORY
  • V$JAVA_POOL_ADVICE
  • V$JAVA_LIBRARY_CACHE_MEMORY
  • V$SHARED_POOL_ADVICE
日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle Web セミナー