ある数値以下の最大の整数を求める、数値以上の最小の整数を求める

syntax

CEIL ( number )
FLOOR ( number )
return [ integer ]

parameter

number整数に切り上げ、切り捨て処理を行なう数値式

return

  • 整数値に切り上げ、または、整数値に切り捨てされた number と同じデータ型の数値

avail

  • SQL および PL/SQL の両方で使用可能。

CEIL 関数の内容

CEIL 関数は天井関数とも呼ばれる関数である。

数値式 number 以上の最小の整数を戻す。正の数に限って言えば切り上げと同じ結果となる。負の数を指定すると切り上げにならない。
切り上げを行なう標準 SQL 関数は用意されていない ⇒ ユーザー定義の切り上げ関数 ROUNDUP 参照。

FLOOR 関数の内容

FLOOR 関数は床関数とも呼ばれる関数である。

数値式 number 以下の最大の整数を戻す。正の数に限って言えば切り捨てと同じ結果となる。負の数を指定すると切り捨てにならない。切り捨てを行なう標準 SQL 関数は TRUNC 関数 である。

CEIL 使用例

SQL> select num, CEIL(num), roundup(num) from floor_ceil_sample;
 
       NUM  CEIL(NUM) ROUNDUP(NUM)
---------- ---------- ------------
      10.5         11           11
     -10.5        -10          -11
      10.1         11           11
     -10.1        -10          -11
      10.9         11           11
     -10.9        -10          -11

ROUNDUP 関数 は標準関数ではなく ストアドファンクション によるユーザー定義関数

FLOOR 使用例

SQL> select num, FLOOR(num), trunc(num) from floor_ceil_sample;
 
       NUM FLOOR(NUM) TRUNC(NUM)
---------- ---------- ----------
      10.5         10         10
     -10.5        -11        -10
      10.1         10         10
     -10.1        -11        -10
      10.9         10         10
     -10.9        -11        -10


SQL 関数 - CEIL,FLOOR 関連

 
アルファベット別 関数一覧 ショートカット
ABCDEFG
HILMNOP
RSTUVWX
日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ 会員制(無料)の公式技術サイト