底が ネイピア数 e のべき乗、 自然対数、底が e の対数を求める

syntax

EXP ( number1 )
LN ( number1 )
return [ BINARY_DOUBLE | BINARY_FLOAT | NUMBER ]

parameter

number1数値式

return

  • EXP : ネイピア数 e の 「number1」 乗を戻す。
  • LN : 数値式 number1 の自然対数を戻す。自然対数:ネイピア数 e を底とした対数

avail

  • SQL および PL/SQL の両方で使用可能。

EXP 関数の内容

ネイピア数 e に「number1」乗した数値の数値を戻す。(EXPonential)
戻り値のデータ型は number1number2 の優先順位の高いデータ型となるが BINARY_FLOAT は省かれ BINARY_DOUBLE に変換される。

LN 関数の内容

数値式 number1 の自然対数を戻す。
ネイピア数 を底にした 対数は 自然対数(Natural Logarithm) と呼ばれ。底を 10 にしたものは 常用対数 と呼ばれる。
前述の EXP 関数と 自然対数関数 LN の関係をあらわすと以下のようになる

m = LN ( n ) ⇔  n = EXP ( m )  

EXP 使用例

NUMBER 型と BINARY_FLOAT 型でのネイピア数 e = 2.718.... 超越数

SQL> select EXP(1) n, EXP(1d) e from dual;
 
                         N                               E
-------------------------- -------------------------------
 2.71828182845904523536029   2.71828182845904510000000E+00


EXP つながり

SQL 関数 - EXP,LN 関連

 
アルファベット別 関数一覧 ショートカット
ABCDEFG
HILMNOP
RSTUVWX
日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ オラクルサポートセンター