SQL 標準関数、PL/SQL 組み込み関数一覧 (A〜D)

<<   [ A | B | C | D | E | F | G | H | I | L | M | N | O | P | R | S | T | U | V | X | PL/SQL ]   >>

関数名機能適用
絶対値
ADD_MONTHS指定月数を加算
APPENDCHILDXMLXML
AT TIME ZONE 式タイムゾーンの時間帯域を変更
ASCII文字列の先頭 1 文字のコード取得
ASCIISTR文字列を UTF16 コードポイントのアスキー表記へ
ACOS逆三角関数
ASIN
ATAN
ATAN2
AVG(集計関数)平均値を戻す

ファイルの BFILE ロケーター生成
BIN_TO_NUMビット数列を数値へOracle 9i
BITANDビット操作

CARDINALITY
ネストした表の要素数を戻す
CASE 式⇔ PL/SQL の CASE 文
CAST任意の型変換、PL/SQL では機能に制限あり
CD_MOD10_WEIGHTJAN コードのチェックデジットユーザ定義関数
CEIL天井関数(整数)
CHARTOROWID文字列を ROWID へ
CHRコードから文字値へ
CLUSTER_IDDBMS_DATA_MINING パッケージ用
CLUSTER_PROBABILITY
CLUSTER_SET
COALESCENVL関数の一般化標準SQL
COMPOSE正規化された Unicode 文字列を戻す
CONCAT文字列結合演算子の関数版
CONVERTcharset 間の変換
CORRピアソン相関係数を戻す
CORR_Kケンドールの順位相関係数を戻す
CORR_Sスピアマンの順位相関係数をを戻す
COUNT(集計関数)グループのレコード件数を戻す
COSコサイン(三角関数)
COSH双曲線関数
COVAR_POP母集団共分散
COVAR_SAMP標本共分散
CUME_DIST累積分布値
CURRENT_DATEセッションタイムゾーンの現在日付
CURRENT_TIMESTAMPセッションタイムゾーンの現在日付(タイムゾーン付き)
(秒以下精度)
CVモデル関数

データベースサーバーのタイムゾーン
DECODE条件つき置換SQLのみ
DECOMPOSE分解した Unicode 文字列を戻す
DELETEXMLXML
DENSE_RANK順序付けされた行のランク
DEPTHUNDER_PATH、EQUALS_PATH 条件 補助関数
DEREFオブジェクト参照SQLのみ
DUMPダンプ(内部の表現形式)SQLのみ
<<   [ A | B | C | D | E | F | G | H | I | L | M | N | O | P | R | S | T | U | V | X | PL/SQL ]   >>

適用の★マークについて

マニュアル上では PL/SQL でも使えそうでいて組み込まれていない関数がいくつかあるようです。

★:PL/SQL において使用できないという明記がなく PL/SQL に組み込まれていない関数 、または、SQL でのみ完全な?関数(※)

(※) Oracle 10g R2 において、例えば CAST は PL/SQL でも実行できるが PL/SQL に組み込み済みの一覧にないためサポート外かもしれない(機能の一部のみ有効)

PL/SQL のマニュアル上では

オブジェクト参照ファンクションDEREF、REF および
VALUE とファンクション DECODE、DUMP およびVSIZE 以外であれば、
すべてのファンクションをプロシージャ文で使用できます。

ということになっている

SQL 関数一覧 (A‐D)の関連トピックス

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle のライセンスがわからない…
Oracle Direct (ネットで聞いても最後はここで要確認)