文字列の先行する(左)の空白文字を削除する

RTRIM 関数

syntax

LTRIM ( string [, set] )
return [ string ]

parameter

stringサプレスしたい対象の文字列
set削除したい文字のセットdefault 半角スペース

return

  • 指定した文字セットを左から サプレス した文字列

avail

  • SQL および PL/SQL の両方で使用可能。

LTRIM 関数の内容

文字列 string 中の先行する文字が set のいずれかの文字に該当する場合に、その文字を削除して左に詰める。 削除する文字のセット set は複数の文字の組み合わせを使用できる。

LTRIM 使用例

文字列の先行する大文字、小文字、全角、半角の 'X' を削除する。対象文字列がすべて削除されると結果は NULL になる。

SQL> select str, ltrim(str, 'xXxX') from ltrim_sample;
 
STR                  LTRIM(STR,'XXXX')
-------------------- ------------------------------------
XXXXあいうXXX        あいうXXX
xXあいうXx           あいうXx
xXxXあいうXxXx   あいうXxXx
XXXあいうXXX   あいうXXX
xxx               <NULL>

SQL*Plus の NULL 表示

応用例

構成文字列が2進数の文字列かをチェックする

SQL> select digit, nvl2(LTRIM(digit,'01'),'no', 'yes') is_binary_digit
  2  from digit_sample;
 
DIGIT            IS_BIN
---------------- ------
00000001         yes
00000000         yes
00001111         yes
10101010         yes
01010101         yes
00001000         yes
ffffffff         no


SQL 関数 - LTRIM 関連

 
アルファベット別 関数一覧 ショートカット
ABCDEFG
HILMNOP
RSTUVWX
日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ オラクルサポートセンター