SQL関数の備忘録

現在、再構成中のため内容が乱れる可能性があります。

組み込み関数は、大きく 5 つに分類されている。

単一行ファンクション( Single-Row Function ) / スカラーファンクション
単一行を操作し、1行に対し1つの結果を戻す。... LENGTH('ABC') = 文字列の長さ
以前のマニュアルではスカラーファンクションとも書かれていたが、廃語になったのかもしれない。英語マニュアル上もスカラー型とスカラー副問い合わせなどしかない。
集計ファンクション ( Aggregate Function )
(グループ化した)複数行を操作し、そのグループ行に対し1つの結果を戻す。... MIN(sales) = 最小の値
分析ファンクション ( Analytic Function )
集計ファンクションと同様、複数行を操作するが複数行の結果を戻す。
オブジェクト参照ファンクション ( Object Reference Functions )
オブジェクトタイプへのアクセスファンクション
モデルファンクション ( Model Function )
行間計算を行うファンクション、結果レコードをセル単位に操作することができ、複数行の結果を戻す。

単一行ファンクション

  • 文字ファンクション(変換、文字長、辞書ソート、検索、置換、整形、フォーマット)

    入力に数値や文字などを受け取り、文字型の値を戻す。CHAR、VARCHAR(2)※、CLOBなど
    一部のファンクションは数値を戻す。(LENGTH=文字列長など)

    ※ 文字列のCHARの値の長さは2KB、VARCHAR2の値の長さは4KBが上限 Oracle 10g
    文字列ファンクションの戻り値が上限サイズを超えてもエラーにならない。(超過部分は切り捨て)
    CLOB型の場合には、Oracleエラーとなり値は戻されない。(最大長はブロックサイズ依存)

集計ファンクション

SQL における制限事項

Oracle 性能限界(SQL)

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ 会員制(無料)の公式技術サイト