文字列の右に文字列を加えて桁を揃える、文字列のパディング

syntax

RPAD ( string , len [, pad] )
return [ string ]

parameter

string左に桁揃えしたい対象の文字列式
len文字列の長さ
pad追加したい文字列式default 半角スペース

return

  • 桁揃えしたい対象の文字列に追加したい文字列を充填した文字列を戻す。

avail

  • SQL および PL/SQL の両方で使用可能。

RPAD 関数の内容

文字列 string 中の末尾から文字列の長さ len に満ちるまで 追加したい文字列式 pad 文字列を付け加えて戻す。文字列 string が既に 長さ len を超過している場合には文字列は len の長さに切り捨てられる。マルチバイト文字を含む文字列の場合には泣き別れによって最後の文字としてスペース(' ') が充填されることがある。

RPAD と 引数 NULL

文字列 string に NULL または 「長さ0の文字列」 を使用すると指定した文字列長にならず、結果は常に NULL となる。

RPAD 使用例

データベースキャラクタセット JA16SJIS の場合(全角文字:2バイト)

SQL> select str, len, pad, RPAD(str, len, pad) pad_str from rpad_sample;
 
STR                         LEN  PAD        PAD_STR
-------------------- ----------  ---------- --------------------
XXX                          10  _          XXX_______
あ                           10  い         あいいいい
XXX                           9  _          XXX______
あ                            9  い         あいいい□   ← 半角スペースが補填される。


SQL 関数 - RPAD 関連

 
アルファベット別 関数一覧 ショートカット
ABCDEFG
HILMNOP
RSTUVWX
日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle Web セミナー