文字列の右の空白文字を削除する

LTRIM 関数

syntax

RTRIM ( string [, set] )
return [ string ]

parameter

stringサプレスしたい対象の文字列
set削除したい文字のセットdefault 半角スペース

return

  • サプレス したい対象の文字列から指定した文字セットを右から削除した文字列

avail

  • SQL および PL/SQL の両方で使用可能。

RTRIM 関数の内容

文字列 string 中の末尾から(右から)文字を探索し、削除したい文字のセット set のいずれかの文字に該当する場合に、その文字を削除していく。 削除する文字のセット set は複数の文字の組み合わせを使用可能。

RTRIM 使用例

数字文字列の末尾のゼロ文字を削除する。LTRIM との対比

SQL> set null '<NULL>'
SQL> select digit, RTRIM(digit,'0'), ltrim(digit,'0') from digit_sample;
 
DIGIT            RTRIM(DIGIT,'0') LTRIM(DIGIT,'0')
---------------- ---------------- ----------------
00000001         00000001         1
00000000         <NULL>           <NULL>
00001111         00001111         1111
10101010         1010101          10101010
01010101         01010101         1010101
00001000         00001            1000
ffffffff         ffffffff         ffffffff

SQL*Plus の NULL 表示



SQL 関数 - RTRIM 関連

 
アルファベット別 関数一覧 ショートカット
ABCDEFG
HILMNOP
RSTUVWX
日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle のライセンスがわからない…
Oracle Direct (ネットで聞いても最後はここで要確認)