接続中のユーザーID、ユーザー名を調べる

syntax

UID
USER
return [ integer | varchar2 ]

parameter

なし

return

  • 接続中のデータベース(ローカルデータベース)のユーザーID、ユーザー名を戻す

avail

  • SQL および PL/SQL の両方で使用可能。

UID 関数の内容

接続中のローカルデータベース(⇔ DBリンクによるリモートデータベース)のユーザーIDの数値を取得する。
CHECK 制約に使用することはできない。

USER 関数の内容

接続中のローカルデータベースのユーザー名を取得する。
CHECK 制約に使用することはできない。

UID および USER の使用例

SQL> conn rivus/xxxxx
接続されました。
SQL> select UID, USER from dual ;
 
       UID USER
---------- ------------------------------
        55 RIVUS

SYS_CONTEXT 関数 による取得も可能。
(UID の戻り値のデータ型が数値と文字列で異なってはいるので全く同じではないが)

SQL> select SYS_CONTEXT('USERENV', 'SESSION_USERID') USER_ID,
  2         SYS_CONTEXT('USERENV', 'SESSION_USER') USER_NAME from dual;
 
USER_ID              USER_NAME
-------------------- --------------------
55                   RIVUS


SQL 関数 - UID,USER 関連

 
アルファベット別 関数一覧 ショートカット
ABCDEFG
HILMNOP
RSTUVWX
日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle のライセンスがわからない…
Oracle Direct (ネットで聞いても最後はここで要確認)