SQL*Plus > CONNECT

データベースへの接続・再接続

CONNECT はデータベースにログイン/ログオンを行なうためのコマンド

  • 短縮形は CONN

CONNECT コマンド

CONNECT コマンドの構文

CONNECT { logon | / } [AS {SYSOPER | SYSDBA}]
  logon 構文: username[/password] [@connect_identifier]

短縮形

CONN { logon | / } [AS {SYSOPER | SYSDBA}]
  logon 構文: username[/password] [@connect_identifier]

ローカルのデータベースに接続する例

SQL> connect rivus/rivus_pass
接続されました。
SQL>

ローカルのデータベースにパスワード指定なしで接続する例

SQL> connect rivus
パスワードを入力してください:
接続されました。
SQL>

リモートのデータベースに接続する例

SQL> connect rivus/rivus_pass@orcl_net
接続されました。
SQL>

リモートのデータベースにパスワード指定なしで接続する例

SQL> connect rivus@orcl_net
パスワードを入力してください:
接続されました。
SQL>

OS 認証で SYSDBA に接続する例

SQL> connect / as sysdba
接続されました。
SQL>


CONNECT コマンドの注意事項

  • 既に別のデータベース、または、ユーザーに接続中の場合にはコミットされてログオフされる。

データベースからログオフするには・・・

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ 会員制(無料)の公式技術サイト