SQL*Plus > LIST

SQL バッファの内容を表示する

LIST は SQL バッファの内容を一部、または、すべてを表示するためのコマンド

  • 短縮形は L

LIST コマンド

LIST コマンドの構文

LIST
LIST n
LIST n m

短縮形

L
L n
L n m

n と m には行番号の他に アスタリスク(*) と LAST というキーワードを指定することができる。
アスタリスク(*) はカレント行をあらわすキーワード 、LAST は最終行をあらわすキーワードである。

また 行番号だけを入力すると LIST n と同じ操作になる。

SQL バッファのすべてを表示する

SQL バッファに以下の内容が設定されている場合

declare
   var_at_dbserver number;    -- PL/SQL だけの変数
begin
   :var_at_sqlplus := 0;
   var_at_dbserver := 0;
   for i in 1..10
   loop
           :var_at_sqlplus := :var_at_sqlplus + 1;
           var_at_dbserver := var_at_dbserver + 10;
   end loop;
   dbms_output.put_line('PLSQL block (var): ' || :var_at_sqlplus);
   dbms_output.put_line('PLSQL block (db) : ' ||  var_at_dbserver);
end;

LIST

SQL> list
  1  declare
  2     var_at_dbserver number;    -- PL/SQL だけの変数
  3  begin
  4     :var_at_sqlplus := 0;
  5     var_at_dbserver := 0;
  6     for i in 1..10
  7     loop
  8             :var_at_sqlplus := :var_at_sqlplus + 1;
  9             var_at_dbserver := var_at_dbserver + 10;
 10     end loop;
 11     dbms_output.put_line('PLSQL block (var): ' || :var_at_sqlplus);
 12     dbms_output.put_line('PLSQL block (db) : ' ||  var_at_dbserver);
 13* end;
-- ↑ * はカレント行が 13行に設定されたことを示す

指定した行を表示する

5行目を表示する

list 5 または 行番号だけでも良い。

SQL> list 5
  5*    var_at_dbserver := 0;
SQL> 5
  5*    var_at_dbserver := 0;
SQL>

現在のカレント行は 5行目

カレント行から最終行まで表示する

SQL> list * last
  5     var_at_dbserver := 0;
  6     for i in 1..10
  7     loop
  8             :var_at_sqlplus := :var_at_sqlplus + 1;
  9             var_at_dbserver := var_at_dbserver + 10;
 10     end loop;
 11     dbms_output.put_line('PLSQL block (var): ' || :var_at_sqlplus);
 12     dbms_output.put_line('PLSQL block (db) : ' ||  var_at_dbserver);
 13* end;
SQL>


日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ 会員制(無料)の公式技術サイト