SQL*Plus > SET EXITCOMMIT

EXITCOMMIT システム変数

EXITCOMMIT Oracle 11g Release2EXIT または QUIT 時において COMMIT や ROLLBACK オプションの指定が無い場合のトランザクションの状態を設定する。

  • 短縮形は EXITC
  • デフォルト値 ON (COMMIT する)

SET EXITCOMMIT コマンド

SET EXITCOMMIT コマンドの構文

SET EXITCOMMIT ON
SET EXITCOMMIT OFF

短縮形

SET EXITC ON
SET EXITC OFF

デフォルト

SET EXITCOMMIT ON

ON にした場合には、 EXIT 時にトランザクションは COMMIT される。
OFF にした場合には、 EXIT 時にトランザクションは ROLLBACK される。
EXIT COMMIT や EXIT ROLLBACK など明示された場合には表記に従う。

EXITCOMMIT の設定例

EXIT 時のデフォルトの動作を ROLLBACK に設定する。
Windows のコマンドプロンプト上で CTRL+C や コントロールボックスから終了させた場合でもちゃんと ROLLBACK される。

SQL> SET EXITCOMMIT OFF
SQL> DELETE FROM TEST;
 
1行が削除されました。
 
SQL> EXIT
-- EXIT 時に DELETE が ROLLBACK される
 
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing optionsとの接続が切断されました。
 
C:\>sqlplus rivus/rivus_pass
 
SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 日 7月 25 10:25:09 2010
Copyright (c) 1982, 2010, Oracle.  All rights reserved.
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options
に接続されました。
 
SQL> SELECT * FROM TEST;
 
C1
--------------------
TEST


日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ オラクルサポートセンター