SQL*Plus > SET LINESIZE

LINESIZE システム変数

LINESIZE は1行の長さを設定する。

  • 短縮形は LIN
  • デフォルト値 80 (iSQL*Plus は 150)

SET LINESIZE コマンド

SET LINESIZE コマンドの構文

SET LINESIZE 文字数(実状はバイト数)

短縮形

SET LIN 文字数(バイト数)

デフォルト

SET LINESIZE 80

ラインサイズはデータ行とタイトル行、レポートヘッダ(フッタ)に影響あるシステム変数である。
上限値はシステム依存であるが、32bitOS のプラットホームでは 32K(32767)バイト ⇒ SQL*Plus 制限

LINESIZE を大きく設定しても CLOB や LONG 項目が LINESIZE 未満で切り捨てられることがある。 これは LINESIZE による制限ではなく、実際は「カラム長」に関する制限の SETLONG/SET LONGCHUNKSIZE(デフォルト長 80 バイト) によるものであることが多い。

LINESIZE の設定例

ラインサイズを 5 バイトにする。

SQL> SET LINESIZE 5
SQL> select 'abcdefgh' MOJI from dual;
 
MOJI
-----
abcde
fgh
 
SQL> -- 折り返しをしない
SQL> SET WRAP OFF
SQL> select 'abcdefgh' MOJI from dual;
 
MOJI
-----
abcde

実際問題としては1行のサイズを短くすることはほとんどない。
潤沢なメモリ環境を背景に 80 バイトで足りない場合には一気に上限一杯の 32767 バイトにすることが多い。
DBMS_OUTPUT パッケージと同様、そろそろ制限なしにしても良いのでは?と思う。



関連事項

  • SET WRAP
  • SET LONG
  • SET LONGCHINKSIZE
  • ページヘッダー
  • 列ヘッダー
  • ページブレーク
  • タイトル
日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ 会員制(無料)の公式技術サイト