SQL*Plus > SET TERMOUT

TERMOUT システム変数

TERMOUT はスクリプト実行(※1)によるコマンドの結果出力(※2) を表示するかしないかを設定する。

  • 短縮形 TERM
  • デフォルト値 ON

(※1) パイプ、リダイレクトや直接入力ではなく @、@@、@? や START によるスクリプトファイルの実行時

(※2) コマンド文の表示を制御するのは ECHO システム変数

SET TERMOUT コマンド

SET TERMOUT コマンドの構文

SET TERMOUT ON
SET TERMOUT OFF

短縮形

SET TERM ON
SET TERM OFF

デフォルト

SET TERMOUT ON

スクリプトを実行した結果の出力を抑制するときに使用する。

TERMOUT OFF 使用例

あるスクリプト全体を ECHO OFF にする場合にはスクリプトの実行前に呼び出し元で ECHO システム変数を設定すること。

SQL> SET TERMOUT ON
SQL> @echo
 
D
-
X
 
bye
 
PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。
SQL> SET TERMOUT OFF
SQL> @echo
SQL>

ファイル echo.sql の内容

select * from dual;
begin dbms_output.put_line('bye'); end;
/


日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ 会員制(無料)の公式技術サイト