SQL*Plus > SET VERIFY

VERIFY システム変数

VERIFY は置換変数に設定する前後の状態を表示するかしないかを設定する。

  • 短縮形は VER
  • デフォルト値 ON

SET VERIFY コマンド

SET VERIFY コマンドの構文

SET VERIFY ON
SET VERIFY OFF

短縮形

SET VER ON
SET VER OFF

デフォルト

SET VERIFY ON

スクリプトを実行して SELECT の結果のデータだけを表示したり、ヘッダ付きの表示したりする場合に使用する。

VERIFY ON 使用例

引数をスクリプトの和を計算する。引数の置換前後を表示する。

verify_on.sql

SET VERIFY ON
-- 引数1+引数2を加算する
select to_number('&1') + to_number('&2') from dual;
exit

verify_on.sql スクリプトを引数付きで呼び出す。

C:\>sqlplus -s rivus/rivus_pass @verify_on 4 6
旧   1: select to_number('&1') + to_number('&2') from dual
新   1: select to_number('4') + to_number('6') from dual
 
TO_NUMBER('4')+TO_NUMBER('6')
-----------------------------
                           10
 
C:\>

VERIFY OFF 使用例

引数をスクリプトの和を計算する。引数の置換前後を表示しない。

verify_off.sql

SET VERIFY OFF
-- 引数1+引数2を加算する
select to_number('&1') + to_number('&2') from dual;
exit

verify_off.sql スクリプトを引数付きで呼び出す。

C:\>sqlplus -s rivus/rivus_pass @verify_off 4 6
 
TO_NUMBER('4')+TO_NUMBER('6')
-----------------------------
                           10
 
C:\>


日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle Web セミナー