SQL*Plus > SET WRAP

WRAP システム変数

WRAP は表示するデータが1行に収まらない内場合に改行して表示するか(ON)、切り捨てるか(OFF) どうかの設定を行なう。

  • 短縮形は WRA
  • デフォルト値 ON

SET WRAP コマンド

SET WRAP コマンドの構文

SET WRAP ON
SET WRAP OFF

短縮形

SET WRA ON
SET WRA OFF

デフォルト

SET WRAP ON

SET WRAP OFF 場合のときで1行にデータが入りきらない場合として LINESIZE を超過する場合やデータ自身に改行コードが含まれることがあるが、そのどちらでも1行を超える部分に関しては切り捨てられる。

WRAP の設定例

データの改行コードが含まれる場合で WRAP ON の場合。

SQL> SET WRAP ON
SQL> select 'abcdefgh'||CHR(13)||CHR(10)||'ijklmnop' MOJI from dual;
 
MOJI
-------------------
abcdefgh
ijklmnop

データの改行コードが含まれる場合で WRAP OFF の場合。

SQL> SET WRAP OFF
SQL> select 'abcdefgh'||CHR(13)||CHR(10)||'ijklmnop' MOJI from dual;
 
MOJI
------------------
abcdefgh

WRAP ON の状態でラインサイズを 5 バイトにする。

SQL> SET WRAP ON
SQL> set linesize 5
SQL> select 'abcdefgh' MOJI from dual;
 
MOJI
-----
abcde
fgh

WRAP OFF の状態で LINESIZE が 5 バイトの場合。

SQL> -- 折り返しをしない
SQL> SET WRAP OFF
SQL> set linesize 5
SQL> select 'abcdefgh' MOJI from dual;
 
MOJI
-----
abcde


関連事項

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ 会員制(無料)の公式技術サイト