SQL*Plus > SQL コマンドを実行する

SQL コマンドの実行

データベースにアクセスする SQL コマンドの実行

SQL*Plus のコマンド・プロンプト から SQL を入力する。
SQL コマンドの入力の最後にセミコロン(;) を入力して改行することで入力した SQL が実行される。

SELECT 文の場合には検索結果が表示され、UPDATE などの DML (Data Manipulation Language) の場合には 処理結果のメッセージが表示される。

単一行による入力

SQL> select user_id, user_name from account;
 
   USER_ID USER_NAME
---------- --------------------------------
       100 富樫 歩夢
       101 小杉 光輝
       102 倉本 大翔
       103 長谷川 春奈
       104 荒木 奈央子

名前は生成ツールで作成したもの

複数行にわたる入力

SQL コマンドの入力は複数行にわたっても良い。しかし、SQL コマンドの途中や項目名の途中での改行はできない。

SQL> select
  2     user_id,
  3     user_name
  4  from
  5     account
  6  where
  7     user_id between 102 and 104;
 
   USER_ID USER_NAME
---------- --------------------------------
       102 倉本 大翔
       103 長谷川 春奈
       104 荒木 奈央子

SQL コマンドを入力している途中で空白行を入力した場合、入力した SQL コマンドは実行されずに コマンドプロンプト に戻る。

SQL> select
  2
SQL>


PL/SQL を実行するには…

スクリプトを実行するには…

SQL コマンドを実行するの関連トピックス

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ オラクルサポートセンター