V$SQLSTATS ビュー

カーソルに関する基本的な統計データを提供するビュー Oracle 10g Release2
Oracle のバージョンによってカラムの追加やサイズの拡張が行われているのをマニュアルを突き合わせて整理している。
V$SQLSTATS ビューは Oracle 10gR2 から用意されたビューで V$SQL および V$SQLAREA よりパフォーマンスに優れている(※)。また、共有プールから消されても参照可能であり保持期限についても優位性がある。

(※) セッション数も多く高負荷状態で V$SQL、V$SQLAREA、V$LOCK や V$SESSION などのビューを贅沢に結合して調査しようとすると泥沼になる可能性がある。

カラム名データタイプ説明
SQL_TEXTOracle 10g Release2VARCHAR2(1000)SQL の先頭 1000 バイト
SQL_FULLTEXTCLOBSQL の全文
SQL_IDVARCHAR2(13)SQL 識別子
LAST_ACTIVE_TIMEDATE統計の最終更新日時
LAST_ACTIVE_CHILD_ADDRESSRAW(4)
RAW(4 or 8) Oracle 11g
直近の更新のトリガーになった子カーソルのアドレス
PLAN_HASH_VALUENUMBER実行計画へハッシュ値 ⇒
PARSE_CALLSNUMBER関連する全カーソルにおける解析回数
DISK_READSNUMBER関連する全カーソルにおける物理読み取り数
DIRECT_WRITESNUMBER関連する全カーソルにおけるダイレクト書込みの数
BUFFER_GETSNUMBER関連する全カーソルにおけるバッファ読み取り数
ROWS_PROCESSEDNUMBERSQL が処理した行数の合計
SERIALIZABLE_ABORTSNUMBERトランザクションのシリアライズに失敗した回数
⇒ ORA-08177: このトランザクションのアクセスをシリアル化できません:
FETCHESNUMBERフェッチを行なった回数?行数?
EXECUTIONSNUMBERSQL の実行回数
END_OF_FETCH_COUNTNUMBERSQL が実行されて、かつ、すべての行が正常にフェッチされた回数
LOADSNUMBERオブジェクトがロードされた回数
VERSION_COUNTNUMBER関連カーソルの数
INVALIDATIONSNUMBER関連カーソルが無効になった回数
PX_SERVERS_EXECUTIONSNUMBERパラレル実行(パラレルクエリー)された回数
CPU_TIMENUMBERSQL の実行に使用した累計の CPU 時間(マイクロ秒):
ELAPSED_TIMENUMBERSQL の実行に使用した累計の時間(マイクロ秒)
AVG_HARD_PARSE_TIMEOracle 11gNUMBER平均ハードパース時間(マイクロ秒)
APPLICATION_WAIT_TIMEOracle 10g Release2NUMBERアプリケーションの待機時間(マイクロ秒)
CONCURRENCY_WAIT_TIMENUMBER同時実行性待機時間(マイクロ秒)
CLUSTER_WAIT_TIMENUMBERクラスタの待機時間(マイクロ秒)
USER_IO_WAIT_TIMENUMBERユーザーI/O待機時間(マイクロ秒)
PLSQL_EXEC_TIMENUMBERPL/SQL実行時間(マイクロ秒)
JAVA_EXEC_TIMENUMBERJava実行時間(マイクロ秒)
SORTSNUMBER子カーソルに対して実行されたソート数
SHARABLE_MEMNUMBERこのSQLテキストと計画がある全カーソルによって現在 占有されている共有メモリーの合計量(バイト)
TOTAL_SHARABLE_MEMNUMBERこのSQLテキストと計画がある全カーソルがすべて共有 プールにロードされた場合、これによって現在占有されている共有メモリーの合計量(バイト)。(つまり、カーソル・サイズ)
TYPECHECK_MEMOracle 11gNUMBERタイプ・チェック・メモリー
IO_CELL_OFFLOAD_ELIGIBLE_BYTESOracle 11g Release2NUMBERExadataストレージ・システムによるフィルタリン グが可能なI/Oのバイト数
IO_INTERCONNECT_BYTESNUMBEROracle Databaseとストレージ・システムの間で交換されたI/Oのバイト数
PHYSICAL_READ_REQUESTSNUMBER監視対象のSQLによって発行された物理読取りI/Oリ クエスト数
PHYSICAL_READ_BYTESNUMBER監視対象のSQLによってディスクから読み取られたバイ ト数
PHYSICAL_WRITE_REQUESTSNUMBER監視対象のSQLによって発行された物理書込みI/Oリ クエスト数
PHYSICAL_WRITE_BYTESNUMBER監視対象のSQLによってディスクに書き込まれたバイト 数
EXACT_MATCHING_SIGNATURENUMBERCURSOR_SHARING パラメータがEXACTに設定されたときに使用されるシグネチャ
FORCE_MATCHING_SIGNATURENUMBERCURSOR_SHARING パラメータがFORCEに設定されたときに使用されるシグネチャ
IO_CELL_UNCOMPRESSED_BYTESNUMBERExadataセルにオフロードされる非圧縮バイト数 (解凍後のサイズ)
IO_CELL_OFFLOAD_RETURNED_BYTESNUMBERスマート・スキャンのみの場合にExadataセルから 戻されるバイト数(他のデータベースI/Oのバイト数は含まない)

V$SQLSTATS ビューを参照するための権限付与

V$SQLSTATS の実体は正確にはビューではなく PUBLIC シノニム であるため、個別に参照権限を付与するにはビューの本体である SYS.V_$SQLSTATS に対して設定を行なう。 ⇒ ORA-02030: 固定表/固定ビューでは選択のみ可能です。

SQL> GRANT SELECT ON V$SQLSTATS TO rivus;
GRANT SELECT ON V$SQLSTATS TO rivus
                *
行1でエラーが発生しました。:
ORA-02030: 固定表/固定ビューでは選択のみ可能です。
SQL> GRANT SELECT ON SYS.V_$SQLSTATS TO rivus;
 
権限付与が成功しました。


V$SQLSTATS 関連

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle Web セミナー