移転完了

移転済(データベース環境)

ここより下のコンテンツはページ再編成作業によりすべて移動しています。

システム日付を一時的に変更する

稼動中にシステム日付を変更するとデータベースの稼動に重大な影響を与えてしまう。
インスタンスの稼動中、停止を問わず、システム日付は変更してはいけない。...
(移動先...)

マルチスレッドサーバー(MTS)・共有サーバーの設定

専用サーバと共有サーバ(MTS:マルチ・スレッド・サーバ)の両方を使用して、専用サーバはバッチ処理向け、共有サーバは OLTP 向けとして用意することもできる。
(移動先...)

アーカイブログ(ノーアーカイブログ) モード 運用

アーカイブログでの運用はミッションクリティカルなシステムにおいて非常に重要である。
ノーアーカイブログ モードからの場合からアーカイブログ モード運用に変更するには...
(移動先...)

インスタンスの自動起動および停止方法

Unix系のOSでは起動時にOracleのインスタンスは起動されない、 自動的に起動させるためには rc.d (Run Command) に登録しなければならない...
(移動先...)

データベースをすべて削除する(Linux:UNIX)

データファイル、ログ、環境ファイルなども含めてインスタンスの情報を完全にを削除する手順。

データベースを構築してからインスタンス名が気に入らない場合やインストールしても起動しない。なにが悪いかわからない場合、もう再インストールする場合など、データベースファイルが残っていると、その原因の切り分けが困難になることもある。 不要なファイルはディレクトリごとバッサリ削除するか、不要なインスタンスの情報を削除する。
(移動先...)

環境変数 ( NLS_LANG、ORA_NLS10、ORACLE_SID、ORACLE_HOME )

移動先 ⇒ 環境変数 (NLS_LANG、ORACLE_HOME、etc)

パラメータ・ファイル (SPFILE、PFILE)

移動先 ⇒ サーバー・パラメータ・ファイル

移動先 ⇒ サーバー・パラメータ・ファイル (Tips)

DBID、データベース名を変更する

データベースを複製したときの DBID の変更。データベース名を変更したいと思っていても、データベースの再作成するほど余裕が無いときに使用する方法。データベースを壊さないように注意
(移動先...)

ORACLE_SID を変更する(unix系)

ORACLE_SID を通常変更することはない。
とりあえず、できるという情報だけインプットしておけば十分だと思います。
(移動先...)

データベースの環境 (DBID、インスタンス情報、バージョン情報)

移動先 ⇒ データベースの情報を取得する

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ オラクルサポートセンター