オラクル・インスタンスを接続制限モードにする

オラクルの接続制限モードの設定と解除

接続制限モードとはローカル接続の DBA (※) だけが新たな接続を開始できるモードのことである。 一般利用者は新規の接続が行なうことができなくなるため、DBA がメンテナンスをする場合に使用する。

(※) 厳密には CREATE SESSION と RESTRICTED SESSION 権限を所有しているユーザーのローカル接続

(注意) ALTER SYSTEM によるモードの変更は既存のセッションを制限するわけではない。 マニュアル操作によってユーザーセッションを切断する必要がある。

制限モードの設定と解除

-- 制限モードを設定する
SQL> ALTER SYSTEM ENABLE RESTRICTED SESSION ;
 
-- 制限モードを解除する
SQL> ALTER SYSTEM DISABLE RESTRICTED SESSION ;

オラクル・インスタンスの起動時に制限モードで起動する

起動時に接続制限モードにする場合(ローカル接続の DBA だけが接続できる)。一般利用者は接続ができないため、DBA がメンテナンスをする場合に使用する。(Oracle における UNIX のシングルユーザーモードのみたいなもの)

-- データベースのオープンまで行なう場合
SQL> STARTUP RESTRICT OPEN
     .....
     ..... メンテナンス 作業 
     .....
SQL> ALTER SYSTEM DISABLE RESTRICTED SESSION ;


インスタンスの接続制限の関連トピックス

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle のライセンスがわからない…
Oracle Direct (ネットで聞いても最後はここで要確認)