Top > SQL 関数一覧 (T‐Z) > 文字列からトークンを切り出す

PL/SQL によるトークン(区切り文字による部分文字列)の取り出し

文字列を「ある区切り文字」 で切り出すファンクション
スペース区切りで単語を取り出したり、カンマ区切りのテキスト(CSV)などの部分文字列の切り出しに使用する。

ユーザー定義のストアド・ファンクション STRTOKEN の仕様

引数内容デフォルト
P_STRING対象文字列
P_DELIMITトークンの区切り文字列
P_POS切り出し開始 要素の番号(1〜) ≠ 文字位置1
P_NTH切り出し要素数1
P_EOD行末に到達時の戻り値NULL
戻り値切り出された文字列トークン

トークンの切り出しには 部分文字列の区切り位置を求めるための INSTR 関数 と 部分文字列を切り出すための SUBSTR 関数 を使用することで行なう。

注意点

このストアドファンクションは主に SQL から文字列切り出しを行なうためのもの。1つのトークンを切り出す毎に切り出す先頭位置と長さを求めている。応答時間を気にする PL/SQL バッチ処理のような繰り返し呼び出す用途には向いていないだろう。パフォーマンスが要求される場合には一度にすべてのトークンを配列形式で戻すようなストアドファンクションを作成した方が変換効率がよい。
また、文字列のデータの内部に区切り文字が存在する場合には項目の途中で切り出される。

カンマ区切りの文字列の分割例

SQL> set null '<NULL>'
SQL> select str,
  2         strtoken(str, ',', 1) token1,
  3         strtoken(str, ',', 2) token2,
  4         strtoken(str, ',', 3) token3
  5  from strtoken_sample;
 
STR                  TOKEN1               TOKEN2               TOKEN3
-------------------- -------------------- -------------------- --------------------
あああ,いいい,ううう あああ               いいい               ううう
あああ,いいい,       あああ               いいい               <NULL>
あああ,いいい        あああ               いいい               <NULL>
あああ,              あああ               <NULL>               <NULL>
あああ               あああ               <NULL>               <NULL>
,,                   <NULL>               <NULL>               <NULL>

行末に達したのかデータが空なのかを判別させる場合には 第5パラメータに終端をあらわす任意の文字列を指定する。

SQL> select str,
  2         strtoken(str, ',', 1, 1, '<END_OF_DATA>') token1,
  3         strtoken(str, ',', 2, 1, '<END_OF_DATA>') token2,
  4         strtoken(str, ',', 3, 1, '<END_OF_DATA>') token3
  5  from strtoken_sample;
 
STR                  TOKEN1               TOKEN2               TOKEN3
-------------------- -------------------- -------------------- --------------------
あああ,いいい,ううう あああ               いいい               ううう
あああ,いいい,       あああ               いいい               <NULL>
あああ,いいい        あああ               いいい               <END_OF_DATA>
あああ,              あああ               <NULL>               <END_OF_DATA>
あああ               あああ               <END_OF_DATA>        <END_OF_DATA>
,,                   <NULL>               <NULL>               <NULL>

関連事項

文字列切り出しファンクション STRTOKEN ソースコード

CREATE OR REPLACE FUNCTION RIVUS.STRTOKEN(
	P_STRING VARCHAR2, P_DELIMIT VARCHAR2,
	P_POS POSITIVEN := 1, P_NTH POSITIVEN := 1,
	P_EOD VARCHAR2 := NULL)
RETURN VARCHAR2
IS
	vStartPos	PLS_INTEGER;
	vEndPos		PLS_INTEGER;
BEGIN
	IF (P_POS = 1) THEN
		vStartPos := 1;
	ELSE
		vStartPos := INSTR(P_STRING, P_DELIMIT, 1, P_POS - 1);
		IF (vStartPos = 0) THEN
			RETURN P_EOD;
		END IF;
		vStartPos := vStartPos + 1;
	END IF;
	vEndPos := INSTR(P_STRING, P_DELIMIT, vStartPos, P_NTH);
	IF (vEndPos = 0) THEN
		RETURN SUBSTR(P_STRING, vStartPos);
	END IF;
	RETURN SUBSTR(P_STRING, vStartPos, vEndPos - vStartPos);
END;
/

既存関数の上書きを防止するためにファンクション名の先頭に スキーマ名(RIVUS) が記述してあるので削除してください。



関連 SQL 関数

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ オラクルサポートセンター