NLS_LANG、ORACLE_HOME、ORACLE_SID などの設定を調べるには

UNIX 系での環境変数の設定

使用しているシェルが bash の場合 ホームディレクトリの .bashrc / .bash_profile などを確認する。

代表的な UNIX 系 シェルにおける環境設定ファイル一覧

シェルシェルの起動時に
読み込まれるファイル
ログイン時に
読み込まれるファイル
sh非対話: 環境変数 ENV のファイル/etc/profile
$HOME/.profile
ksh対話 : .kshrc
非対話: 環境変数 ENV のファイル
$HOME/.profile
bash/etc/bashrc/etc/profile
対話 : .bashrc
非対話: 環境変数 BASH_ENV のファイル
~/.bash_profile
~/.bash_login
~/.profile
の順で最初に見つかったファイル
bash を sh として実行(リンク)対話 : 非対話: 環境変数 ENV のファイル$HOME/.profile
csh/etc/csh.chsrc/etc/csh.login
~/.cshrc~/.login

ファイル名の前にある ~(チルダ) はユーザーホームディレクトリの略

UNIX 系 におけるオラクル環境変数の確認方法

env コマンドによる確認例 (Oracle 10g R2)

[oracle@rivus ~]$ env
HOSTNAME=rivus
SHELL=/bin/bash
TERM=xterm
HISTSIZE=1000
NLS_LANG=American_Japan.AL32UTF8
USER=oracle
ORACLE_SID=orcl
MAIL=/var/spool/mail/oracle
PATH=/u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1/bin:/usr/kerberos/bin ...
INPUTRC=/etc/inputrc
PWD=/home/oracle
EDITOR=vi
LANG=ja_JP.UTF-8
SSH_ASKPASS=/usr/libexec/openssh/gnome-ssh-askpass
SHLVL=1
HOME=/home/oracle
LOGNAME=oracle
LESSOPEN=|/usr/bin/lesspipe.sh %s
ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1
G_BROKEN_FILENAMES=1
_=/bin/env
[oracle@rivus ~]$

環境変数の再読み込みは、即座に反映されるものではないため一旦ログアウトを行なうのが無難。
マニュアル操作で再読み込み行なうには source コマンド、または、(ドット) . +ファイルにて読み込ますことが可能。
但し、ファイルの内容次第では PATH に 同じパスが重複して設定されるなど特異な環境になることもあるので内容を理解せずに呪文として使うのは避ける。

csh と bash のラン・コマンドファイル、プロファイルの再読み込み

[oracle@rivus ~]$ source .chsrc
[oracle@rivus ~]$ source .login
[oracle@rivus ~]$ . .bash_profile
[oracle@rivus ~]$ . .bashrc
など

ORACLE_SID、ORACLE_HOME の一覧を探す

oratab ファイルをを参照すると自動起動するインスタンスの ORACLE_HOME の記述がある 
/etc/oratab (linux) 、/var/opt/oracle/oratab (solaris)

$ORACLE_SID:$ORACLE_HOME:[Y|N] のフォーマット形式で記述されている。

cat /etc/oratab 
...
orcl:/u01/app/oracle/product/〜/db_1:Y    ← orcl は自動起動するインスタンス
test:/u01/app/oracle/product/〜/db_1:N    ← test は自動起動しない

直接 CREATE DATABASE でデータベースを作成した場合には手動で作成するので記述やファイル自体が無い場合もある。

Windows におけるオラクル環境変数の確認方法

Windows の場合にはデフォルトの環境変数相当のものがレジストリに設定されているために改めてコントロールパネルなどから設定することは少ない。
特に、別途設定したい場合にはコントロールパネル「システム」プロパティの「詳細」タブの環境変数で上書きする。

Windows でオラクルの環境変数を確認するにはレジストリ値を参照するかコントロールパネルの環境変数または SET コマンドで参照する。
レジストリの値はデフォルト値のようなものなので SET コマンドではわからない。

レジストリのあるキーを reg query コマンドで参照する例 (Oracle 11g R2)

reg query "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraDb11g_home1"
                                             ↑ KEY_ + オラクルホームの名前
C:\> reg query "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraDb11g_home1"

! REG.EXE VERSION 3.0

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraDb11g_home1
    ORACLE_HOME REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1 -- ← ORACLE_HOME 相当
    ORACLE_HOME_NAME    REG_SZ  OraDb11g_home1 -- ← オラクルホームの名前
    ORACLE_GROUP_NAME   REG_SZ  Oracle - OraDb11g_home1
    NLS_LANG    REG_SZ  JAPANESE_JAPAN.JA16SJISTILDE  -- ← NLS_LANG 相当
    ORACLE_BUNDLE_NAME  REG_SZ  Enterprise
    OLEDB       REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\oledb\mesg
    ORAMTS_CP_TRACE_LEVEL       REG_SZ  0
    ORAMTS_CP_TRACE_DIR REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\oramts\Trace
    ORAMTS_CONN_POOL_TIMEOUT    REG_SZ  120
    ORAMTS_SESS_TXNTIMETOLIVE   REG_SZ  120
    ORAMTS_NET_CACHE_MAXFREE    REG_SZ  5
    ORAMTS_NET_CACHE_TIMEOUT    REG_SZ  120000
    ORAMTS_OSCREDS_MATCH_LEVEL  REG_SZ  OS_AUTH_LOGIN
    ORACLE_SID  REG_SZ  orcl     -- ← ORACLE_SID 相当
    OO4O        REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\oo4o\mesg
    ORACLE_HOME_KEY     REG_SZ  SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraDb11g_home1
    MSHELP_TOOLS        REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\MSHELP
    SQLPATH     REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\dbs
    ORACLE_BASE REG_SZ  C:\oracle
    RDBMS_CONTROL       REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\DATABASE
    RDBMS_ARCHIVE       REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\DATABASE\ARCHIVE
    ORA_ODB_AUTOSTART   REG_EXPAND_SZ   TRUE
    ORA_ODB_SHUTDOWN    REG_EXPAND_SZ   TRUE
    ORA_ODB_SHUTDOWNTYPE        REG_EXPAND_SZ   immediate
    ORA_ODB_SHUTDOWN_TIMEOUT    REG_EXPAND_SZ   90
    ORA_TEST_AUTOSTART  REG_EXPAND_SZ   TRUE
    ORA_TEST_SHUTDOWN   REG_EXPAND_SZ   TRUE
    ORA_TEST_SHUTDOWNTYPE       REG_EXPAND_SZ   immediate
    ORA_TEST_SHUTDOWN_TIMEOUT   REG_EXPAND_SZ   90

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraDb11g_home1\ODE

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraDb11g_home1\OLEDB

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraDb11g_home1\OO4O

1つ上の階層からサブキーもすべて表示する。

reg query  "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE" /s
C:\>reg query  "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE" /s

! REG.EXE VERSION 3.0

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE
    inst_loc    REG_SZ  C:\Program Files\Oracle\Inventory

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraDb11g_home1
    ORACLE_HOME REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1
    ORACLE_HOME_NAME    REG_SZ  OraDb11g_home1
    ORACLE_GROUP_NAME   REG_SZ  Oracle - OraDb11g_home1
    NLS_LANG    REG_SZ  JAPANESE_JAPAN.JA16SJISTILDE
    ORACLE_BUNDLE_NAME  REG_SZ  Enterprise
    OLEDB       REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\oledb\mesg
    ORAMTS_CP_TRACE_LEVEL       REG_SZ  0
    ORAMTS_CP_TRACE_DIR REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\oramts\Trace
    ORAMTS_CONN_POOL_TIMEOUT    REG_SZ  120
    ORAMTS_SESS_TXNTIMETOLIVE   REG_SZ  120
    ORAMTS_NET_CACHE_MAXFREE    REG_SZ  5
    ORAMTS_NET_CACHE_TIMEOUT    REG_SZ  120000
    ORAMTS_OSCREDS_MATCH_LEVEL  REG_SZ  OS_AUTH_LOGIN
    ORACLE_SID  REG_SZ  orcl
    OO4O        REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\oo4o\mesg
    ORACLE_HOME_KEY     REG_SZ  SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraDb11g_home1
    MSHELP_TOOLS        REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\MSHELP
    SQLPATH     REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\dbs
    ORACLE_BASE REG_SZ  C:\oracle
    RDBMS_CONTROL       REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\DATABASE
    RDBMS_ARCHIVE       REG_SZ  C:\oracle\product\11.2.0\dbhome_1\DATABASE\ARCHIVE
    ORA_ODB_AUTOSTART   REG_EXPAND_SZ   TRUE
    ORA_ODB_SHUTDOWN    REG_EXPAND_SZ   TRUE
    ORA_ODB_SHUTDOWNTYPE        REG_EXPAND_SZ   immediate
    ORA_ODB_SHUTDOWN_TIMEOUT    REG_EXPAND_SZ   90
    ORA_TEST_AUTOSTART  REG_EXPAND_SZ   TRUE
    ORA_TEST_SHUTDOWN   REG_EXPAND_SZ   TRUE
    ORA_TEST_SHUTDOWNTYPE       REG_EXPAND_SZ   immediate
    ORA_TEST_SHUTDOWN_TIMEOUT   REG_EXPAND_SZ   90

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraDb11g_home1\ODE
    (略)

以下省略

DOS からコントロールパネルで設定された環境変数を参照する

C:\> SET
… ORALCLE 以外も含めいろいろな変数が表示される(省略)


関連事項

ORACLE_SID、ORACLE_HOME の確認方法の関連トピックス

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ オラクルサポートセンター