運用時に発生するエラー

ORA-01031: 権限が不足しています。

リモートから SYSDBA 接続しようとして、正しいパスワードを指定しているケースについての場合

原因

orapwd で作成したファイルをインスタンスの起動時に削除、変更を行っているか破損している。パスワードファイルは、起動後にはOSレベルからの変更は許されない。 ALTER USER 〜 (SQL) や PASSWORD コマンド で変更する。
パスワードの変更

対応

パスワードファイルを変更している場合には、ローカル接続、OS 認証でオラクルの再起動を行なう。
破損していると思われる場合には、再起動前に再作成を行う。

パスワードファイルの再作成例

# cd $ORACLE_HOME/dbs
# orapwd file=orapw<NEW_SID> password=<password>

SQL*Plus で確認

SQL> SELECT * FROM V$PWFILE_USERS ;
 
  • PL/SQL において発生する場合

原因

ORA-01031 のエラーが PL/SQL の実行時エラーとして発生する場合、PL/SQL の実行時の権限についての認識に誤りがあると考えられる。

対応

PL/SQL 実行時における、権限状態について再確認をする。
⇒ 参考 トピック:定義者権限と実行者権限(サブプログラムとロールの関係)



類似するエラー

 

一覧ページへ戻る

OTN (Oracle Technology Network)によるエラーメッセージによる情報だけでは、対処に困ったエラーについてのプラクティスです。
ベスト・プラクティスというわけではないので、書いてあることに固執しないで広い視野でエラー対応してください。

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle のライセンスがわからない…
Oracle Direct (ネットで聞いても最後はここで要確認)