SQL*Plus > SQL*Plus 事前定義変数

SQL*Plus 事前定義済みの変数一覧

SQL*Plus の変数には、アンダースコア(_) から始まり一般的に値を変更しない事前定義された変数がある。

コマンド説明
_CONNECT_IDENTIFIER Oracle 9i Release2接続識別子
_DATE Oracle 10g現在日付と時間
_EDITORホストエディタの実行モジュールのパス
_O_VERSIONオラクルのバージョン表記(メッセージ的)
_O_RELEASEオラクルのリリース番号(2x5=10桁の数値)
_PRIVILEGE Oracle 10g現在の権限レベル
_SQLPLUS_RELEASESQL*Plusのリリース番号(2x5=10桁の数値)
_USER Oracle 10g接続しているユーザー名

事前定義変数 補足説明

事前定義済の変数はシステム変数とは違い SET コマンド ではなく DEFINE によって再設定する。

_CONNECT_IDENTIFIER

Oracle 9i Release 2 以降

_EDITOR

EDIT コマンドで使用するホストエディタのモジュール名を設定する
UNIX 系の場合には 環境変数 EDITOR が設定される。
Windows の場合にはメモ帳が設定されている。どちらも変更することを推奨する初期設定の内容である。

設定例 glogin.sql などに設定する。

SQL> DEFINE _EDITOR="C:\Program Files\Hidemaru\Hidemaru.exe"

UNIX 系であれば vi などに Windows 系であればパス名を含めたエディタへの実行モジュール名(引用符で囲む方がよい)を指定する。

_DATE

NLS_DATE_FORMAT によってフォーマットされた現在日付、時刻が文字列として格納される。
※ データベースの日付ではなく、SQL*Plus が稼動しているローカルマシンの日付

_PRIVILEGE

「AS SYSDBA」、「AS SYSOPER」または 空白が設定される。空白は一般ユーザーか未接続状態をあらわす。

SQL*Plus コマンドとシステム変数

 


日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ 会員制(無料)の公式技術サイト