データベースの保存されている内容を内部形式で見る

syntax

DUMP ( expr [, format [, position [, length]]] )
return [ varchar2 ]

parameter

exprデータベース格納可能なデータの式
formatフォーマット形式default 10
position取り出したい開始位置(1〜)default 1
length取り出す文字列長default 最後まで

return

  • データ型(typ)、長さ(len)、キャラクタセット名、内部表現を文字列として戻す。

avail

  • SQL、埋め込みSQL で使用可能、PL/SQL に組み込まれていない。(Oracle 10g R2 時点)

フォーマット形式

formatフォーマットの内容
810088進数表記
10101010進数表記
16101616進数表記
171017単一文字列で表記
+1000 されている場合にはキャラクタセット名も併記

DUMP 関数の内容

データベース格納可能なデータの式 expr を内部保存形式で見る。一部の TO_*** 関数では実際の保存される形式と異なる形式で保持している。フォーマット形式は8進、10進、16進を選択でき、それぞれに +1000 することで文字型の場合には文字データ expr の使用しているキャラクタセット名も併記される。

注意

PL/SQL の関数としては利用できない

DUMP 使用例

 DUMP('あいう',1016)
  ⇒ Typ=96 Len=6 CharacterSet=JA16EUC: a4,a2,a4,a4,a4,a6
 
 DUMP(10)
 ⇒ Typ=2 Len=2: 193,11   ← 10 + 1(ゲタ) = 11
 
 DUMP(TO_DATE('256/02/03 04:05:06', 'YYYY/MM/DD HH:MI:SS'),10)
  ⇒ Typ=13(※) Len=8: 0,1,2,3,4,5,6,0

(※) は DATE 型 (Typ=12) と TO_DATE 関数 の戻り値 (Typ=13) の データ型の内部コード は異なる。



SQL 関数 - DUMP 関連

 
アルファベット別 関数一覧 ショートカット
ABCDEFG
HILMNOP
RSTUVWX
日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ オラクルサポートセンター