Top > SQL 関数一覧 (T‐Z) > TO_YMINTERVAL、NUMTOYMINTERVAL

文字列を年月期間型に変換、数値を期間型に変換

年月期間型 = INTERVAL YEAR TO MONTH ⇔ 日〜秒期間型に変換する関数

syntax

TO_YMINTERVAL ( string ) Oracle 9i
NUMTOYMINTERVAL ( number , ym_interval_unit ) Oracle 8i
return [ INTERVAL YEAR TO MONTH ]

parameter

string期間型に変換できる一定の文字列式
number年、月、日、時、分、または、秒の数値式(小数を含んでもよい)
ym_interval_unit期間単位指定 における 年、または、月

return

  • 期間書式に従って記述された文字式 string を年月期間型、または、日〜秒期間型に変換した値
  • 期間単位 xx_interval_unit を1単位として数えた number 分の期間型の値

avail

  • SQL および PL/SQL の両方で使用可能。

期間の要素

期間式の要素ym interval unit 引数
YEAR
MONTH

TO_YMINTERVAL 関数の内容

年と月の 期間リテラル の書式 'years-months' 形式で記述された文字列を 'INTERVAL YEAR TO MONTH' 期間型に変換する。 年の要素 years は 9桁、months は 0 〜 11 までの月数を整数であらわす。

TO_YMINTERVAL 使用例

引数文字列を 'INTERVAL YEAR TO MONTH' 型に変換する。年月を加減算する場合に使う。

SELECT SYSDATE + TO_YMINTERVAL('01-00') FROM DUAL ;  1年後を取得。
  └  SELECT SYSDATE + INTERVAL '1' YEAR FROM DUAL ;  
 

NUMTOYMINTERVAL 関数の内容

年、または、月の数 number を 'INTERVAL YEAR TO MONTH' 期間型 に変換する。 年数か月数かは期間単位 ym_interval_unit の指定した内容による。

number には小数を含めることができるが 'INTERVAL YEAR TO MONTH' の精度を下回る日単位におよぶ場合には、その部分は切り捨てされる。

NUMTOYMINTERVAL 使用例

小数点の扱いは日にち部分が切り捨て処理される。

NUMTOYMINTERVAL(0.1, 'YEAR')  ⇒ 0.1 年 ⇒ 1.2 ヵ月 ⇒ 1.0 ヵ月
NUMTOYMINTERVAL(0.4, 'YEAR')  ⇒ 0.4 年 ⇒ 4.8 ヵ月 ⇒ 4.0 ヵ月
NUMTOYMINTERVAL(0.5, 'YEAR')  ⇒ 0.5 年 ⇒ 6.0 ヵ月 ⇒ 6.0 ヵ月


SQL 関数 - TO_YMINTERVAL,NUMTOYMINTERVAL関連

 
アルファベット別 関数一覧 ショートカット
ABCDEFG
HILMNOP
RSTUVWX
日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ オラクルサポートセンター