Top > SQL*Plus > TIMING

タイマーの設定と表示

TIMING は複数のタイマーの設定と表示および削除を行なうためのコマンド

  • 短縮形は TIM

TIMING コマンド

TIMING コマンドの構文

TIMING [SHOW]
TIMING START タイマー名
TIMING STOP

短縮形

TIMI [SHOW]
TIMI START タイマー名
TIMI STOP

TIMING コマンドを単独で実行するとタイマーの使用状況が表示される。

タイマーを複数スタートさせた場合にはタイマーはネストされていく。
SHOW および STOP コマンドにはタイマー名を指定できない。最後のタイマーの経過時刻の表示と停止を行なう。

タイマーの開始と終了とその間に表示できる経過時間
タイマーの開始と終了

複数のタイマー (TIMING) の使用例

timing.sql

set feed off
timing start timerA
call dbms_lock.sleep(2);
prompt タイマーAの経過時間
timing show
prompt
	timing start timerB
	call dbms_lock.sleep(5);
	prompt タイマーBの経過時間
	timing show
	prompt
	prompt タイマーBを停止しました
	timing stop
prompt
prompt タイマーAを停止しました
timing stop

timing.sql の実行結果

SQL> @timing
タイマーAの経過時間
timerAのタイミング。
経過: 00:00:02.00
 
タイマーBの経過時間
timerBのタイミング。
経過: 00:00:05.00
 
タイマーBを停止しました
timerBのタイミング。
経過: 00:00:05.00
 
タイマーAを停止しました
timerAのタイミング。
経過: 00:00:07.00
SQL>

名前付きタイマーをすべて削除する

TIMING コマンドで作成したすべての名前付きタイマーを削除する。

SQL> CLEAR TIMING
SQL> CL TIM

タイマーはクリアしなくても STOP すれば削除される。



日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ オラクルサポートセンター