Top > 静的データ・ディクショナリ・ビュー > USER_TAB_MODIFICATIONS(詳細)

USER_TAB_MODIFICATIONS ビュー

テーブルへの挿入、更新、削除、TRUNCATE などについての統計情報に関するデータを提供するビュー
同じ分類のビューとして DBA_TAB_MODIFICATIONS(※)、ALL_TAB_MODIFICATIONS がある。

表がどのように変更されているかに関する統計情報を提供するビュー (OBJECT_TYPE がないのが少し残念)

DBAALLUSERカラム名データタイプ説明
×TABLE_OWNER-VARCHAR2(30)表の所有者
TABLE_NAMEVARCHAR2(30)表の名前
PARTITION_NAMEVARCHAR2(30)パーティション名(普通の表の場合 NULL)
SUBPARTITION_NAMEVARCHAR2(30)サブパーティション名(普通の表の場合 NULL)
INSERTSNUMBER統計情報更新以後の挿入数(近似値)
UPDATESNUMBER統計情報更新以後の更新数(近似値)
DELETESNUMBER統計情報更新以後の削除数(近似値)
TIMESTAMPDATE統計情報の最終更新日
TRUNCATEDOracle 11gVARCHAR2(3)統計情報更新以後に TRUNCATE されている(YES) か 否 (NO)か
DROP_SEGMENTS-NUMBER統計情報更新以後に削除されたパーティション、および、サブパーティションのセグメント数

これらの情報は MONITORING 属性がついた表のみが対象であり、統計情報が更新されるたびに内容がリセットされる。
情報の更新はリアルタイムではなく、約 3時間毎に更新される。 手動で情報更新したい場合には DBMS_STATS.FLUSH_DATABASE_MONITORING_INFO を実行する。

SQL> exec DBMS_STATS.FLUSH_DATABASE_MONITORING_INFO;
 
PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。
 

(※) DBA_TAB_MODIFICATIONS ビューは DBA ロールでは参照できない。(Oracle 11g R2)

DBA ロールを持つ一般ユーザーから実行

SQL> desc dba_tab_modifications
ERROR:
ORA-04043: オブジェクトdba_tab_modificationsは存在しません。
 
 
SQL> conn / as sysdba
接続されました。
SQL> desc dba_tab_modifications
 名前                                      NULL?    型
 ----------------------------------------- -------- ----------------------------
 TABLE_OWNER                                        VARCHAR2(30)
 TABLE_NAME                                         VARCHAR2(30)
 PARTITION_NAME                                     VARCHAR2(30)
 SUBPARTITION_NAME                                  VARCHAR2(30)
 INSERTS                                            NUMBER
 UPDATES                                            NUMBER
 DELETES                                            NUMBER
 TIMESTAMP                                          DATE
 TRUNCATED                                          VARCHAR2(3)
 DROP_SEGMENTS                                      NUMBER
 


USER_TAB_MODIFICATIONS 関連

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ オラクルサポートセンター