Top > 静的データ・ディクショナリ・ビュー > USER_TAB_STATS_HISTORY(詳細)

USER_TAB_STATS_HISTORY ビュー Oracle 10g Release2

統計情報の過去履歴に関するデータを提供するビュー
同じ分類のビューとして DBA_TAB_STATS_HISTORY、ALL_TAB_STATS_HISTORY がある。

履歴情報であるために同一テーブル名で複数のレコードが存在することになる。ただ構築当時からの履歴を全て保持しているわけではない。保持期限は不明。

DBAALLUSERカラム名データタイプ説明
×OWNEROracle 10g Release2VARCHAR2(30)表の所有者
TABLE_NAMEVARCHAR2(30)表の名前
PARTITION_NAMEVARCHAR2(30)パーティション名(普通の表の場合 NULL)
SUBPARTITION_NAMEVARCHAR2(30)サブパーティション名(普通の表の場合 NULL)
STATS_UPDATE_TIMETIMESTAMP(6)
WITH TIME ZONE
統計を取得したタイムゾーン付きの日時

検索例

SQL> select * from USER_TAB_STATS_HISTORY
  2  where partition_name is null
  3    and subpartition_name is null
  4  order by table_name, stats_update_time desc
  5  /
 
TABLE_NAME           PARTITION SUBPARTITION STATS_UPDATE_TIME
-------------------- --------- ------------ ---------------------------------
AQ$_ALERT_QT_H                              11-06-17 22:00:30.642000 +09:00
AQ$_ALERT_QT_H                              11-06-15 22:01:01.670000 +09:00
AQ$_ALERT_QT_H                              11-06-11 22:54:18.964000 +09:00
AQ$_ALERT_QT_H                              11-06-08 22:02:25.083000 +09:00
AQ$_ALERT_QT_H                              11-06-07 22:00:28.473000 +09:00
AQ$_ALERT_QT_H                              11-06-03 23:39:56.927000 +09:00
AQ$_ALERT_QT_H                              11-06-01 23:46:33.124000 +09:00
AQ$_ALERT_QT_H                              11-05-25 22:00:28.728000 +09:00
CCOL$                                       11-05-25 22:00:47.772000 +09:00
CDEF$                                       11-06-12 10:08:12.725000 +09:00
………

統計情報を収集する

USER_TAB_STATISTICS 関連

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle Web セミナー