Top > SQL*Plus > SET ESCAPE

ESCAPE システム変数

ESCAPE は SQL*Plus において(≠SQL 文)特殊な機能をもつ記号(エスケープ文字)の機能を打ち消すための「エスケープ文字」を設定する。

  • 短縮形は ESC
  • デフォルト値 OFF

SET ESCAPE コマンド

SET ESCAPE コマンドの構文

SET ESCAPE エスケープ文字
SET ESCAPE ON
SET ESCAPE OFF

短縮形

SET ESC エスケープ文字
SET ESC ON
SET ESC OFF

デフォルト

SET ESC OFF

エスケープ文字は単一の文字で英数字、空白は使用できない。

「ON と OFF」 : OFF にした場合にはエスケープ文字が機能しない。
ON にした場合にはバックスラッシュ=円マーク(\) がエスケープ文字列になる
SET ESCAPE ON は SET ESCAPE \ と同じ意味になる。

ESCAPE の設定例

ESCAPE をパーセント(%) に設定して置換文字列(第一引数)をあらわす &1 の文字列を表示する。

SQL> -- &1 は入力変数として処理される
SQL> prompt '&1'
1に値を入力してください: 123
'123'
SQL> -- ON に設定
SQL> set escape on
SQL> prompt '\&1'
'&1'
SQL> -- エスケープ文字を % に設定
SQL> set escape %
SQL> prompt '\&1'
1に値を入力してください: abc
'\abc'
SQL> prompt '%&1'
'&1'
SQL>


置換変数のプレフィックスを変更する

エスケープ文字列を使用する以外にも 置換変数のプレフィックス(接頭語)を変更する ことでも 同じ効果がある。

SQL の特殊文字(% や _)をエスケープするには・・・

SET ESCAPE コマンドは SQL*Plus の特殊文字をエスケープするためのもので SQL の特殊文字をエスケープするには、SQL 文においてエスケープ文字を設定する書式を使用する。

SQL のワイルドカード文字をエスケープする

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle Web セミナー