Top > SQL*Plus > ファイルと引数を指定してSQL*Plusを起動する

SQL*Plus の実行スクリプトをパラメータ付きで起動する

SQL*Plus を実行スクリプトに引数を指定して起動するにはスクリプトファイルに続いてスペース区切りで指定する。スクリプトファイルからは 引数は &1、&2 ... &n でスクリプトから参照できる。

スクリプトへパラメータを渡す

スクリプトへの引数は @script_file パラメータ1 パラメータ2 ... の形式で指定する。

param.sql

-- 引数1+引数2
select to_number('&1') + to_number('&2') from dual;
quit

param.sql スクリプトを引数付きで呼び出す。

C:\>sqlplus rivus/rivus_pass@orcl_net @param.sql "100" "200"
 
SQL*Plus: Release 10.2.0.1.0 - Production on 日 12月 17 15:03:24 2006
Copyright (c) 1982, 2005, Oracle.  All rights reserved.
 
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.1.0 - Production
With the Partitioning, OLAP and Data Mining options
に接続されました。
旧   1: select to_number('&1') + to_number('&2') from dual
新   1: select to_number('100') + to_number('200') from dual
 
TO_NUMBER('100')+TO_NUMBER('200')
---------------------------------
                              300
 
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.1.0 - Production
With the Partitioning, OLAP and Data Mining optionsとの接続が切断されました。
 
C:\>

置換変数の接頭辞

問い合わせデータだけを表示するように実行する

問い合わせデータだけを表示するには、SQL*Plus を サイレントモード、ページヘッダー、フッター、ブレイクなどの非表示、、置換される変数のべリファイなし、列ヘッダなし、レコード数のフィードバックなし、などを設定する。

データ以外の情報を表示しないようにする例

param_silent.sql

set feedback off
set heading off
set pagesize 0
set verify off
select to_number('&1') + to_number('&2') from dual;
quit

param_silent.sql スクリプトをサイレントモード、引数付きで呼び出す。

C:\>sqlplus -s rivus/rivus_pass@orcl_net @param_silent.sql "100" "200"
                              300
 
C:\>


日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle のライセンスがわからない…
Oracle Direct (ネットで聞いても最後はここで要確認)