Top > SQL*Plus > SQL*Plusを起動する

SQL*Plus の起動

SQL*Plus の起動には コマンド・プロンプト から sqlplus と入力する。
Windows などの一部のオペレーティングシステムでは大文字小文字を区別しないため SQLPLUS と大文字で入力しても良い。

SQL*Plus 起動オプションなしに実行するとユーザー名とパスワードを入力を要求されるので順番に入力する。
パスワードは文字をキー入力しても '*' などの文字は表示されない。

引数なしの SQL*Plus の起動例

Windows の場合

  • コマンド・プロンプトの起動
    「すべてのプログラム」‐「アクセサリ」‐「コマンド・プロンプト」
C:\>sqlplus
 
SQL*Plus: Release 10.2.0.1.0 - Production on 木 12月 21 00:15:36 2006
Copyright (c) 1982, 2005, Oracle.  All rights reserved.
 
ユーザー名を入力してください: rivus
パスワードを入力してください:
 
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.1.0 - Production
With the Partitioning, OLAP and Data Mining options
に接続されました。
SQL>

ユーザー名とパスワード付きの SQL*Plus の起動例

ユーザー名とパスワードを指定した起動を行なうには ユーザー名/パスワード といった形式の引数を使用する。

コマンド中にユーザー名とパスワードを指定するのでパスワードは丸見えになる。
ユーザー名 rivus パスワード rivus_pass の場合

C:\>sqlplus rivus/rivus_pass
 
SQL*Plus: Release 10.2.0.1.0 - Production on 木 12月 21 00:22:10 2006
Copyright (c) 1982, 2005, Oracle.  All rights reserved.
 
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.1.0 - Production
With the Partitioning, OLAP and Data Mining options
に接続されました。
SQL>

ログオンしない SQL*Plus の起動例

ログオンを SQL*Plus の内部から行なう場合の例
起動時にログオンを行なわずに起動を行なうには /nolog の引数を使用する。 ユーザー名 rivus ・ パスワード rivus_pass の場合

C:\>sqlplus /nolog
 
SQL*Plus: Release 10.2.0.1.0 - Production on 木 12月 21 00:26:18 2006
Copyright (c) 1982, 2005, Oracle.  All rights reserved.
 
SQL> connect rivus/rivus_pass
接続されました。
SQL>


データベースが異なるマシン上で稼動している場合には・・・

リモートマシンからSQL*Plusを起動する

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle のライセンスがわからない…
Oracle Direct (ネットで聞いても最後はここで要確認)