Top > SQL*Plus > SET CMDSEP

CMDSEP システム変数

CMDSEP は 「SQL*Plusコマンド」(≠SQL、PL/SQL) の区切り文字に使用される文字を設定する。

  • 短縮形は CMDS
  • デフォルト値 OFF

SET CMDSEP コマンド

SET CMDSEP コマンドの構文

SET CMDSEP 区切り文字
SET CMDSEP ON
SET CMDSEP OFF

短縮形

SET CMDS 区切り文字
SET CMDS ON
SET CMDS OFF

デフォルト

SET CMDSEP OFF

区切り文字は単一の文字で英数字、空白は使用できない。デフォルトは OFF に設定されている。

ON と OFF : OFF にした場合には1行に複数の SQL*Plusコマンドを記述できない。
ON にした場合にはセミコロン(;) がセパレータとして複数のコマンドを記述できる。
SET CMDSEP ON は SET CMDSEP ; と同じ意味になる。

CMDSEP の設定例

CMDSEP をセミコロン(;) に設定して複数の SQL*Plus を1行に記述する。

SQL> -- 複数行入力できない
SQL> SET CMDSEP OFF
SQL> SET HEAD OFF; SET VERIFY OFF;
SP2-0158: 不明なSETオプションです。";"   -- エラーになる
SQL> -- 複数行入力できる
SQL> SET CMDSEP ON
SQL> SET HEAD OFF; SET VERIFY OFF;
SQL> -- 確認
SQL> SHOW HEAD; SHOW VERIFY;
heading OFF
verify OFF
SQL>


SQL、PL/SQL の終端文字を設定するには・・・

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ 会員制(無料)の公式技術サイト