SQL*Plus > CLEAR

クリアする

CLEAR は画面、バッファ、書式、タイマーの設定などの初期化、消去を行なうためのコマンド

  • 短縮形は CL

CLEAR コマンド

CLEAR コマンドの構文

CLEAR BREAKS
CLEAR BUFFER
CLEAR COLUMNS
CLEAR COMPUTES
CLEAR SCREEN
CLEAR SQL
CLEAR TIMING

短縮形

CL BRE
CL BUFF
CL COL
CL COMP
CL SCR
CL SQL
CL TIMI

オプションの指定によって全く異なる情報をクリアする。
BUFFER と SQL には関係性がある。

画面をクリアする

SCREEN のクリア

SQL> CLEAR SCREEN
SQL> CL SCR

Windows + Oracle 10g では使わないほうが良いみたい。 ;( (Oracle 10.2.0.2 で修正)
Windows でどうしても画面クリアをしたいなら

SQL> -- host コマンド + CLS
SQL> host CLS
SQL>

を使用する。

列の表示設定をクリアする

COLUMN コマンド で設定したすべての列の表示設定をデフォルトにリセット

SQL> CLEAR COLUMN
SQL> CL COL

バッファをクリアする

SQL バッファのテキストをクリアする。

SQL> CLEAR SQL
SQL> CL SQL

名前付きタイマーを削除する

TIMING コマンド で作成したすべての名前付きタイマーを削除する。

SQL> CLEAR TIMING
SQL> CL TIM

タイマーはクリアしなくても STOP すれば削除される。



その他

BUFFER は廃止されたコマンド、COMPUTES と BREAKS は小計、データのブレイク(帳票向け)のフォーマット設定で使う予定がないので略

日本オラクル
■ 日本オラクル 株式会社
■ オラクルマスター資格 (オラクルマスターとは
■ Oracle のライセンスがわからない…
Oracle Direct (ネットで聞いても最後はここで要確認)